>京都 いけばな教室 嵯峨御流 インフォメーション

2010.11.30

Renrin’s 7

【生花の中に景色をイメージ】

私にはこだわりがある。
作品発表の花材はできるだけ家にあるものを使おうということである。

庭のあちらこちらに茂っている南天を使うことにした。
が、何も知らないことは恐ろしいもので、
枝を矯めようとすると「バキッ!」
細いところならと…「ポキッ!」
まったく矯まらなかった。

なんという花材を選んでしまったのか。
しかし、後へも引けず、添う枝探しに何回も庭に足を運んだ。
いったい何本の枝を切ったことか。南天に申し訳ないことをした。

少しでも綺麗に見えるようにと「石」を置いてみた。
先生のちょっとした手直しで、がらりと様子が変わる。
バランスの問題だそうである。難しい。

今回も貴重な勉強をさせて頂いた。

清漣

2010.11.21

Renrin’s 6

【文人華】
行李柳・ばら・菊で初めての文人華。
文人の気持ちなり生けました。
石を使ったり味わいのある花台を使ったり 全体で一つの作品が出来ました。

將心

2010.11.19

金波楼4

今年は猛暑だったので、紅葉の色づきが心配されました。
しかしここ数日の急な冷え込みで、今年の紅葉は綺麗なようですよ。

先日も南禅寺に花を生けに伺いましたが、かなり紅葉が進んでいました。
そんな京都は秋の観光シーズン到来。あちこちの名所が賑わっております。

金波楼さんのロビーには黄金桧葉の生花を生けました。
明るい緑が美しい枝で、冬には黄金色に色づくんですよ。

將甫

2010.11.01

花展終了

京都新世代いけばな展・前期が無事終わりました。
作品はこんな感じです。

会場が暗いということだったので、ガラスの器を使いました。

花材は(石化柳・伊吹杉・バラ・古木)ガラスの中の気泡や光の屈折を取り込んだ
不思議な陰が後ろに映り、思わぬ効果に感謝。

沢山の方に写真を撮って頂き、生花の魅力を紹介する機会になってよかったです。

来週は平安神宮での花展。
頑張りま~す。

將甫