>京都 いけばな教室 嵯峨御流 インフォメーション

2011.08.31

9月の稽古日程

=京都教室= 2011年9月分

【日にち】
01日(木)
08日(木)     10日(土)    
15日(木)
          24日(土)
29日(木)    

【時間】
11:00~14:00 (8日のみ12:00~)
14:00~17:00
17:00~21:00

よろしくお願いします。

將甫

2011.08.22

菊花

嵯峨御流の若手の人達と、定期的に勉強会をしています。
勉強会と言っても集まって花を生けて、語り合う感じの気楽な会。
そんなことだけでも刺激や励みになっています。

今回は重陽の節句も近いので、菊を生けてみました。
私は株分けに。

今でこそ菊といえば葬儀のイメージですが、本来はめでたい花。
生花にするとなかなか豪華なものです。
若い人が少ない華道界。
若い力を合わせて、何か切り開けたらと願います。

將甫

2011.08.19

朽ちた景色

お盆過ぎ三重の実家に帰る。墓参り、親戚巡り、友達と再会…

ひと通りすませると…
やっぱり花をいけたくなった。

というわけで、庭先の朽ちた竹を器に草花をいけてみる。
黄色いのは父の作るゴーヤの花。なんともいいアクセントになった。

朽ちゆく竹が景色を作る。
生まれ育った里山には、宝がひっそりと眠っている。

將甫

2011.08.16

贈り物

先日の5周年に、花の先輩から贈り物を頂きました。

グリーンを基調にした素敵なブーケです。
五年前、教室を開いたその日にも、
この先輩からきれいなアレンジメントが届きました。

花を贈る。
さりげなく花を贈る。

そんな人になりたいですね。

將甫

2011.08.05

金波楼 7

夏になると悩むのが花のもたせ方。
いろいろ手を尽くしてもあまりの暑さには花も参ってしまいます。
こまめに水を変えたり、切り口を切り直したり、市販の水揚げ薬を使ったり…
そんな夏にも負けることなく強いのが朝鮮槇。
槇とはいうものの、イヌガヤ科の植物です。真夏の生花稽古の定番です。

金波楼さんのロビーに。

金屏風に緑が映えました。
夏のお客様を迎えてくれています。

將甫